夏は何かと仲間内でワイワイ楽しむアクティブな行事も多いでしょう。揃って夏フェスに行ったり、バーベキューをしたり、部活やサークルに入っている人などは、夏合宿なども控えているかもしれません。そんな夏の想い出作りの一つとして、みんなでイラストを考えてお揃いのtシャツを作ってイベントに臨むのも、後々とても楽しい記憶としてインプットされるでしょう。この季節、各テレビ番組がチャリティーでtシャツを作っていますが、数年前に比べると、どの局の物も、とてもデザイン性が強くオシャレなのが印象的です。素人が考えるので、プロのデザインには見劣りするかもしれませんが、絵心がある人も必ずグループに一人はいるでしょう。デザインは浮かばなくても、色の配色や細かな丈感や袖や裾の長さなど、色々考案して世界に一つのtシャツを作り出していく楽しさもあるでしょう

tシャツをオリジナルデザインで製作しよう

チームやイベント時など、全体の士気を高める為にオリジナルのユニフォームを揃える事があります。様々な形でユニフォームは使用されていますが、その中で最も多いのがtシャツを利用したケースです。近年ではインターネットを利用する事で簡単に依頼する事も出来るようになり、オリジナルデザインをメール等で送るだけで製作が行えます。tシャツの魅力はコストが安い、と言う点があり、枚数が増えれば増えるほど一枚の単価も安くする事が出来ます。デザインをするにあたり、専用のパソコンソフトが必要になります。ソフトを持っていない、という方でも全てを委託して依頼できる業者も多くあるので探してみて下さい。依頼する際は比較する事が大切となります。業者によってサービス内容、値段、納期、信頼性と様々な面が異なるので、まずは情報を集めておきましょう。

オリジナルtシャツで世界に一つのデザインを

最近では、オリジナルtシャツを作る事もネットで出来るようになりました。オリジナルtシャツは様々なシーンで使われています。スポーツチームやイベント、飲食店のスタッフや、アイドルの応援の際にも使われています。ギフトとしても出産祝いなどに使えて記念に残ります。みんなで同じ物を着ると指揮が高まって団結力やチームワークが強くなります。また自分で好きなデザインに出来る事から宣伝にも使えます。会社の名前が入ったデザインのtシャツを着て、マラソン大会などで走れば大きな宣伝になります。オリジナルの制作が出来るので自分の好きな言葉や絵を入れる事が出来ますが、著作権の問題があるのでチームウェアなどに使用する時は注意が必要です。歌詞やロゴマークやキャラクターを入れる時は確認してからデザインした方が良いかもしれません。